松里ともか Official Site

ライブ情報

ライブ情報はまだありません。

Blog

カテゴリ表示 : 邦画(15)
闇の子供たち
ジャージの二人
西の魔女が死んだ
15件中   13 - 15 件表示 ( 全 5ページ )
  1  2  3  4  5 

闇の子供たち

こんなことが起こっている現状が苦しかった。
フィクションであってほしい…そう思った。


日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京支社から臓器密売の
調査を依頼される。


同じころ恵子(宮崎あおい)は、ボランティア活動のため、バンコクの社会福祉
センターに到着する。


タイで横行される現状を知った南部と恵子。


子供を助けたい気持ちは同じでも、意見が食い違う二人…。


同じ人間として生まれたのに、人として扱われず物扱い。
何の罪もないのに…。
お父さんとお母さんを選んで生まれてきたのに…。


使いモノにならなくなったら、ゴミ袋に入れられて、ゴミ収集車に乗せられて、
ゴミと同じように捨てられる。


身も心もボロボロになってしまいますよね(;_;)
かわいそすぎる…。


ペドファイルと言う言葉は、この映画を観て初めて知りました。

大人たちのエゴで傷ついてる子供たちがたくさんいるだなんて…。


親も親でお金のために子供を売るなんて信じられません。


人はお金では買えないのに、こんな簡単にもお金で取引されてしまうなんて…。


こんな人生をたどる子供たちは1人や2人ではないんです。


1人が使いモノにならなくなったら、次に犠牲になる子供がいる。


苦しいよ…。


タイだけでなく、世界のどこかで同じようなことが起こっているのでしょう。


使えないワードがあって、詳しく説明できませんが、考えさせられる作品でした。
゜・。・゜☆・。tomo。・☆゜・。・゜

2008-07-04 12:56:41投稿者 : 松里ともか
この記事のURL コメント(1) nice!

ジャージの二人

NEC_0957.jpg
仕事を辞めたばかりの息子(堺雅人)は、グラビアカメラマンの父親(鮎川誠)に誘われ軽井沢の別荘へ行く。


携帯電話も使えない山奥だし、虫は出るけど、東京の暑さに比べたら過ごしやすい涼しさが魅力的。


息子は妻の不倫問題、父は離婚の危機に迫られていて、それぞれ抱える悩みがあった。


2人は古着のジャージを着て、この地で夏休みを過ごすことに。


なんとも言えない脱力感のある作品。


のんびり流れていくストーリーにクスっと笑ってしまったり、その間や空気が心地よい気分になりました。


そう、こうやって日常から離れられる場所でのんびり過ごす時間、たまには必要かもね…。


゜・。・゜☆・。tomo。・☆゜・。・゜

2008-07-01 17:50:04投稿者 : 松里ともか
この記事のURL コメント(2) トラックバック(0) nice!

西の魔女が死んだ

NEC_0875.jpg
中学生のまい(高橋真悠)は登校拒否をするようになり、おばあちゃん(サチ・パーカー)の住む田舎で過ごすことに。

日本に住むイギリス人のおばあちゃんは“西の魔女”と呼ばれ、魔女の見習いとして修行をするまい。

大自然に囲まれたおばあちゃんのオウチで1日1日を過ごしていく。
食材を摘みに行ったり、ご飯を作ったり、洗濯をする。
規則正しい生活を過ごし、何でも自分で決めることを教わる。

都会で過ごしていると気づかないこと、味わえないことが、西の魔女のまわりでは体感できる。
時間に追われない、ゆっくりとした時間を過ごす中で気付くこと。

そして西の魔女が去ってから込み上げてくる後悔の気持ち。

私もこんなおばあちゃんと過ごしてみたかったなぁ〜。
まいに対するおばあちゃんの愛、優しさが溢れる作品です。
゜・。・゜☆・。tomo。・☆゜・。・゜

2008-05-23 15:30:00投稿者 : 松里ともか
この記事のURL コメント(1) トラックバック(0) nice!
15件中   13 - 15 件表示 ( 全 5ページ )
  1  2  3  4  5