松里ともか Official Site

ライブ情報

ライブ情報はまだありません。

Blog

15件中   7 - 9 件表示 ( 全 5ページ )
  1  2  3  4  5   

おくりびと

NEC_1101.jpg
東京でチェロ奏者をしていた大悟(本木雅弘)は、楽団の解散により、妻・美香(広末涼子)と故郷の山形へと戻ってきた。


求人広告で好条件の職を見つけた大悟は、早速面接に行く。


旅行代理店かと思っていたが、遺体を棺に納める仕事だった。


はじめは戸惑っていた大悟も、さまざまな境遇の死や別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを持つようになる。


納棺師と言うお仕事をはじめて知りましたが、とても素晴らしいお仕事だと思いました。


みんな、人生の最後を納棺師の方の優しさや愛情でおくられるんですね。


こう言う方たちがいたら、安らかに天国へ旅立てる気がする…。


感動しました…。
゜・。・゜☆・。tomo。・☆゜・。・゜

2008-08-12 22:50:05投稿者 : 松里ともか
この記事のURL コメント(2) トラックバック(0) nice!

トウキョウソナタ

NEC_1097.jpg
東京に住む佐々木一家。


サラリーマンとして毎日仕事をしていた父・竜平(香川照之)は、突然リストラを宣告され、妻・恵(小泉今日子)や子供たちにそのことを言い出せずにいた。


長男・貴(小柳友)は家族から距離を置くようになり、アメリカ軍に入隊することを考えてる。
次男・健二(井之脇海)は、こっそりピアノ教室に通っている。


ごく普通に生活していたのに、いつからかバラバラになっていく家族。
そしてみんな内緒の秘密を持っている佐々木一家。


今日本が抱えている問題を、佐々木一家を通して感じました。
もしかしたらこんな家族いるかもしれない…
そう思った。


現実的で、切なくなったり、笑ったり、温かい気持ちになる。
何か共感するはずです。


再び家族の絆を一つにさせることができるのか…。
゜・。・゜☆・。tomo。・☆゜・。・゜

2008-08-08 13:00:09投稿者 : 松里ともか
この記事のURL コメント(1) トラックバック(0) nice!

ラストゲーム 最後の早慶戦

200807250339000.jpg
太平洋戦争が激化する1943年、学生に対する徴兵猶予が停止され、東京六大学野球が中止に追い込まれる。


それでも野球が好きで練習に励む早稲田大学野球部の学生たち。


顧問の飛田(柄本明)は、出陣のその日まで野球を続けると誓う。


野手の戸田順治(渡部大)は、父親になじられても、試合がしたい気持ちは変わらない。


そんな中、慶應義塾塾長の小泉(石坂浩二)は、飛田に「早慶戦」を申し込む。
二度と帰れないかもしれない学生たちに生きた証を残すために…。


早稲田大学総長(藤田まこと)に反対されながらも、強行突破で早慶戦の幕が開ける…。


戦争によって青春を奪われた学生たち。


実際最後の早慶戦に出場した選手のうち、早稲田大学の4人が戦没したそうです。
その中の一人に、神風特別攻撃隊、特攻隊として沖縄の海に命を亡くした方もいます。


ラストで流れる特攻隊の映像、胸が苦しくなりました…。
命と引きかえに攻撃する…。


戦争をして何になるんだろう…。
未来ある人たち、罪のない人たちがたくさん犠牲になるだけなのに…。


映画を観ていて悲しくて辛くて苦しくて涙が出てきました。
見終わっている今でさえも、映画のこと考えると涙が流れてきます。


戦争に行く者だけが辛い訳じゃなく、送り出す親たちも覚悟して悲しい思いをする。
無事を祈りながらも、もう会えないかもしれない…って思って…。



夢や希望、命の尊さが描かれた感動の実話です。


゜・。・゜☆・。tomo。・☆゜・。・゜

2008-07-25 12:50:04投稿者 : 松里ともか
この記事のURL コメント(5) トラックバック(1) nice!
15件中   7 - 9 件表示 ( 全 5ページ )
  1  2  3  4  5